ホーム > 門下生・推薦者の声 > 名言編負け犬の遠吠え
戻る
次へ

<負け犬の遠吠え>

僕は当時、28歳のフリーターでした。
もともと器用だったのか、小さい頃から、何をやらせても人並み以上にできるほうでした。

それだからというのじゃないですが、ひとつの仕事にすぐ飽きてしまいます。
「もうすぐ30歳だし、そろそろ定職に着きたいけどこの年じゃあな。起業でもして、成功してやろうかな。」と軽く考え、知り合いの紹介で佐藤さんの事務所を訪れました。

僕のこれまでの人生を黙って聞いてくれた後、佐藤さんはこう言われました。
「君は、これまでの人生で、本当の苦労は何一つやってきてないね。
私は、苦労した人間が成功するとは思っていないが、君が本当に成功を目指したいのなら、まずは自分が負け犬であることを素直に認めること。それが出来なければ、君は一生負け犬のままだよ。
君は、若い大事な時期を、全力で走ってこなかった人間なんだ。
自分では、人より優れているということを強調したいのかもしれないけれど、私には傷つくことを恐れて言い訳ばかりしているように聞こえる。それが負け犬の防衛本能なんだよ。
いくら私に上手く話せたと思っても、自分は騙せないよ。後で絶対に後悔する。
自分が負け犬だということを心から認識できたら、もう一度相談においで。」

正直、「なんだ、この人は」と腹が立ち、家に帰ったのですが、よくよく思い返してみると、心当たりがたくさんありました。

それから一週間ほど、自分なりにこれまでの人生を振り返ってみたのですが、たしかに言われた様に、ギリギリのところでは、いつも逃げて来た自分に気づきました。

それから、一ヶ月して再度お会いしたときに、正直な気持ちを洗いざらいぶつけました。

佐藤さんは、
「よく胸を割って話してくれた。君はこれまで、ちっぽけなプライドのせいで、目の前の問題から逃げているから、いつも不安を感じていたんだ。
だったら、一度キチンと挑戦してみて、結果を出してみること。その結果から自分の本当の実力が見えてくるんだよ。
このまえ言ったように、自分は負け犬だということを認めてみなよ。そこから初めて、新しい生き方が出来るから。」と優しく教えてくれました。

僕のこれまでの人生は、自分の実力を知るのが怖いから、模擬試験を全く受けない受験生のようなものでした。

現在は、不動産の営業マンとして頑張っています。
やっと、営業成績も人並み以上に出せるようになり、3年後の起業を目指して、お金を貯めています。

佐藤さんに教えられた、「自分の立ち位置を知ること」の大切さを心に刻みつけ、本当の実力を身につけるため、日々頑張ってます。

今でも、定期的に佐藤さんにご指導頂き、その都度、自分は負け犬だということを再認識させてもらっています(笑)
でも見ていてください。いつか必ず負け犬から脱却してやりますから!


千葉県  平野弘 様

戻る
次へ