ホーム > 門下生・推薦者の声 > 名言編初めから人生に意味はない
次へ

<初めから人生に意味はない>

私の会社は、5年前に倒産の危機に陥りました。

これまで、家族と共に8年間コツコツと商売を続けてきたのですが、売り上げも芳しくなく、その上、取引先からの受注も価格を叩かれ、将来に光が見えない状況でした。
積もり積もった借金も5,000万円を超え、家族と共にこれからどうしようかと悩んでいるところでした。

取引先の紹介で佐藤先生を紹介され、藁にもすがる思いで相談に行きました。
恥ずかしながら、私はその時、自殺も考えていました。
ちょうど5,000万円の保険に入っていましたし、それが出れば借金がチャラになると思ったからです。
「私が死んでも家族と従業員が助かれば良い」心底そう思いました。

私は佐藤先生に、思いのたけを全てぶつけました。
創業時に妻と二人で苦労したこと。徐々に従業員が増えていき、仕事の楽しさが分かってきた時期。数々の困難も皆と共に乗り越えてきたこと。
結果として、私の会社は年商20億円程度にはなりましたが、立ち行かなくなりました。

私は正直に「これまでの人生に何か意味があったのでしょうか。無駄に生きてきたような気がします。実を言うと、自殺も考えています。」と話しました。

その言葉を聞いて、それまでの温和な先生の表情が一変し、机を叩いてこう言われました。

「自殺したいのならすればいい。どうせ誰でもいつか死ぬんだから。その時間を少し早めるだけのことです。
それからあなたは、人生に意味がないと仰いましたが、人生なんてそんなもんですよ。
だからこそ、素晴らしいんじゃないですか。
はじめから人生に意味があるのではなく、白紙の中に自分の意思で、人生の意味と価値を作っていけるから面白いんじゃないですか。
その喜びを一度でも味わった人なら、自殺などというもったいないことは考えないはずです。」

それから、先生は私の会社に足を運んで下さり、各部門ごとの貸借対照表と損益計算書を作成されました。
そして、赤字部門の切捨てと、黒字部門の利益の出し方を具体的に指示してくれました。
それと同時に、全ての従業員を集めるように指示し、その場で、会社の現在の状態と今後の方針を、社員一人一人に、分かりやすく丁寧に説明してくれました。

それから半年間、資金調達も含め、先生と二人三脚で会社の再建に尽力した結果、一年後には、利益の出る体質に改善できました。

5,000万円あった借金も、今では、あと1,500万円になりました。
当面の目標は、すぐそこまで来ている状況です。

佐藤先生にあの時言われた、「人生には初めから意味がない。だから自分自身で作っていくのだ」という言葉に励まされ、ここまでやってこられました。
精神面のケアと、実践的な経営ノウハウ、この二つを兼ね備えた人は、滅多にいないと思います。

私の経営者としての道のりはまだまだ続きます。
いつか先生のように、「自分を心底信じきれる」存在になりたいと思っています。
これからもご教授よろしくお願い致します。


河野建設株式会社  代表取締役 河野純一 様

次へ