ホーム > 門下生・推薦者の声 > 感動編もう一人の自分になってくれる人
戻る
次へ

<もう一人の自分になってくれる人>

私は起業して8年目になりますが、経営について悩んでいる時期、ある経営に関するネットワークのコミュニティに参加しました。

ネット上で他の参加者と議論を交わしていくにつれて、この質の高いコミュニティの主催者はどういう人物だろうと関心を持ちました。その人物が佐藤信之氏でした。
佐藤氏とお会いしてお話させていただき、氏の「高い志」に共感する参加者の集まりが、この質の高さを維持している事を実感いたしました。

さて、私は佐藤氏とお会いした中で多くの事を学ばせていただいておりますが、その中でも最も心を揺さぶられたのは、「覚悟はあるか」という言葉です。

多くの起業家は、「アイデア」「資金」「情熱」などの条件が揃っていても、「覚悟」が無い事で失敗してしまいます。なぜでしょうか?

それは他の条件と異なって「覚悟」とは、これから歩んでいく道が困難であるという事を知り、それを自分で受け止める心構えを持つことだからです。
それは「○○を覚悟する」の○○に、これからの人生を左右する、重みを持った言葉が入るからです。
多くの人は、この「覚悟」に気が付きません。

今の私にとっての「覚悟」は、「経営の本質」を意味する言葉になりました。
「経営の本質」とは何でしょうか?

本質とは、唯一のものです。
そうであるなら、「経営の本質」とは「存続」であると考えたのです。
私は歩んで来た8年を振り返る時がありますが、その道を引き返す事はできません。
同時に、未来には明確な道はありません。
それでも「覚悟」を決めて未来に進んでいかなくてはなりません。

その「覚悟」を持った時、私は、今「二つ目のステージ」を迎えている事に気付いたのです。
この事に気付くのに時間がかかりましたが、佐藤氏にお会いしなければ気付くことは無かったかも知れません。

私がどのようにして気付いたかを、これをご覧になっているあなたにお伝えしましょう。

これをご覧になっているあなたは、ご自身の経営に対して、または起業を考える上で、何らかの問題や迷いを抱えているかもしれません。
しかし、それを解決する答えは一つでは有りません。
もし正解が一つならば、教科書を見る事で解決できるでしょう。
でもあなたは、それでは解決できない事を知っています。

なぜなら「ある原因」は、誰に対しても「同じ結果」を生むわけでは無い事を知っているからです。
「ある原因」は、「あなた」を通じて、他の人とは「異なる結果」を生みます。
それでは「あなた」とは何か?
私はそれを知りたいと思い、佐藤氏にお会いしました。

会えば、「あなた」に話しかける「佐藤氏」が、「もう一人のあなた」である事に気付くでしょう。
そして、「もう一人のあなた」が、どうすれば良いのかを教えてくれるでしょう。
それは「あなた」にとって、心地よい内容では無いかもしれません。
しかし、それを受け入れることこそが、あなたに必要なことなのです。
佐藤氏の指導のありがたみは、後になって分かります。
これは、相談をさせてもらった私の、嘘偽りのない感想です。

私は心からあなたに佐藤信之氏を推薦致します。


有限会社ホームポジション  代表取締役 竹健治 様
http://www.hopo.co.jp

戻る
次へ