ホーム > 門下生・推薦者の声 > 感動編辞めるなら限界までやってからにしろ
戻る
次へ

<辞めるなら限界までやってからにしろ>

三年前の僕のお恥ずかしい話をさせて頂きます。

当時、僕は、就職した先の仕事に馴染めず、悩んでいました。
「この仕事は僕に向かない」と考え、退職して起業しようかと考えていたところ、知人の紹介で先生にお会いさせてもらいました。

そのとき、先生に言われた言葉で、ハッと目を覚まさせられました。
「限界までやってもいないのに、出来ないことを、向かないといって辞めるやつは、何をやってもダメだ。」

「自分の能力を限界まで発揮して、その中でトップの成績を上げられたら、転職を考えるというのはいいと思う。自分をステップアップさせるには、起業したほうが良いというビジョンがあれば、挑戦してみればいい。
けれど、目の前のそうした小さな目標すら達成したことのないヤツは、いくら起業しても成功することはないだろう。」

それから先生は、自分が独立したときの苦労話を例に出され、
「もうこれが限界というくらいに一生懸命働けば、分かることがひとつある。
それは、自分だけの力でお金を稼ぐということが、どれだけ辛いことかということだ。世の中そんなに甘くないんだ、と分かれば、今の君のような顔つきにはなっていないはずだ。」

あの日以来、その言葉の意味を噛み締め、退職することなく現在の職場で、周囲に認めてもらう努力をやってきました。
あのとき先生に言われた「人に期待される人間になれば、ものの見方が変わるよ」という言葉の意味が、少しは分かる程度の業績は上げることができるようになりました。

先日、久しぶりに事務所を訪問して、「いい顔つきになったね」と褒められたときのうれしさは忘れられません。

来年には、起業するつもりで準備を進めておりますが、今後ともご指導いただければ、と思っております。


東京都  渋井由行 様

戻る
次へ