ホーム > メインコンテンツ > 資金調達・銀行融資起業に必要な資金をシュミレーションしてみよう
戻る
次へ

● 起業に必要な資金をシュミレーションしてみよう

起業に必要な資金は、どんなビジネスをやるかで千差万別ですが、
一般的には、「設備投資」と「運転資金」という分け方をします。

設備資金・・・商売を始めるにあたって最低限の設備を整える資金

例:事務所・店舗の保証金、敷金、内装費
   什器・備品の購入費、事務用品の購入費

運転資金・・・商売を始めて、月々に必要になってくる費用

例:在庫商品の仕入れ代金、事務所の家賃や事務経費
   社員・バイトの人件費

「設備資金」「運転資金」という区別は、銀行で融資を申し込む場合の大切なポイントになりますので、よく覚えておきましょう。
どうでもいいように感じるかもしれませんが、非常に重要なことです。

なぜなら、

1、銀行は「資金使途」を重要視するため、申し込みに際して、この区別が曖昧だと融資の対象にならないことがあります。

2、「設備資金」と「運転資金」では、借入限度額や返済年数に違いがあります。
  また、「運転資金」とは別枠で、「設備資金」が融資してもらえる場合があります。

つまり、どの部分を自己資金で補い、どの部分を借り入れで補うかによって、起業後の資金繰りに多大な影響を与えるということです。
もちろん、借り入れをする順序も大切です。
これらは、後で変更はききません。
なぜなら、貸す側(銀行)にとっては、資金使途が変わってしまうことになるからです。



戻る
次へ